2015年01月17日

2015年期待の美術展

【関東】
12.23-03.01 『バンクス花譜集』展@Bunkamura
01.17-03.29 パスキン展@パナソニック汐留ミュージアム
01.17-04.07 幻想絶佳:アール・デコと古典主義@東京都庭園美術館
01.31-05.17 ベスト・オブ・ザ・ベスト@ブリヂストン美術館
03.18-05.10 若冲と蕪村@サントリー美術館
03.17-05.17 インドの仏@東京国立博物館
02.07-05.24 ワシントン・ナショナル・ギャラリー展@三菱一号館美術館
03.03-05.31 グエルチーノ展@国立西洋美術館
02.21-06.01 ルーヴル美術館展@国立新美術館
03.21-06.28 ボッティチェリとルネッサンス@Bunkamura
04.18-06.28 大英博物館展@東京都美術館
04.18-06.28 ユトリロとヴァラドン@損保ジャパン日本興亜美術館
03.25-06.29 マグリット展@国立新美術館
06.20-08.16 春信一番!写楽二番!@三井記念美術館
06.27-09.06 画鬼・暁斎−KYOSAI@三菱一号館美術館
06.23-09.23 ボルドー展@国立西洋美術館
07.11-09.23 クレオパトラとエジプトの王妃展@東京国立博物館
09.19-12.13 モネ展@東京都美術館
10.16-01.11 黄金伝説展@国立西洋美術館
10.10-01.31 プラド美術館展@三菱一号館美術館
【東海】
01.10-03.22 だまし絵II@名古屋市美術館
02.03-04.05 ロイヤル・アカデミー展@愛知県美術館
04.25-05.17 ムーミン展@松坂屋美術館
06.06-08.30 ダブル・インパクト@名古屋ボストン美術館
08.23-09.27 春信一番!写楽二番!@静岡市美術館
10.03-12.13 「英国の夢 ラファエル前派」展@名古屋市美術館
【関西】
04.07-05.17 桃山時代の狩野派@京都国立博物館
04.14-06.21 肉筆浮世絵−美の競艶@大阪市立美術館
07.18-09.23 白鳳@奈良国立博物館
06.16-09.27 ルーヴル美術館展@京都市美術館
07.11-10.12 マグリット展@京都市美術館
08.22-11.23 レオナルド・ダ・ヴィンチと≪アンギアーリの戦い≫展@京都文化博物館
10.10-12.06 春信一番!写楽二番!@あべのハルカス美術館
10.10-12.20 クレオパトラとエジプトの王妃展@国立国際美術館
09.20-01.11 大英博物館展@神戸市立博物館

まだ不明な部分も多いけれど,2015年も素敵な美術展がたくさんある模様。
特に春から夏にかけての東京が物凄いことになっています。
夏までに数度は遠征をしないといけなさそう。
一方で東海地方はちょっと寂しい感じが否めません。
尤も,まだ情報が出ていない美術展も相当数ありそうですけれどね。
敢えて一番楽しみな美術展はやはり「マグリット展」かなあ。
「大英博物館展」「ルーヴル美術館展」「プラド美術館展」が同年に開催というのも楽しみ。
加えて「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」も開催されますしね。
日本美術では相変わらず浮世絵が中心の鑑賞となりそう。
とは言え,枠を広げる意味でもいろいろな美術展を鑑賞したいと思っています。
流石に全てに行くのは厳しいけれど,何とか見逃さないように計画したいものです。
posted by 森山樹 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年01月14日

2014年マイベスト

2014年に鑑賞した美術展の中で特に印象に残った美術展を10展選んでみました。
並びは鑑賞した順番であって,序列ではありません。

ラファエル前派@森アーツギャラリー
大好きなラファエル前派に焦点を絞った素敵な美術展。
テート美術館収蔵の70作品余を堪能しました。
森アーツギャラリーは初めてでしたが,綺麗な美術館だなと思います。
同時期に開催の「ザ・ビューティフル」と合わせての鑑賞が楽しかったです。

モローとルオー@松本市美術館
ギュスターヴ・モローとジョルジュ・ルオーの師弟を扱った美術展。
特にギュスターヴ・モローの作品が好みであることを再認識しました。
この為だけに松本市へ遠征した甲斐がありました。
松本市美術館も2014年が初めてとなります。

大浮世絵展@名古屋市博物館
ここ数年,急激に興味が湧いている浮世絵に関する美術展。
その名に相応しく,さまざまな種類の浮世絵が集められた美術展でした。
会期終了間際だったので,人出が凄かった印象があります。

江戸妖怪大図鑑@太田記念美術館
妖怪に焦点を絞った浮世絵の美術展。
三期での構成でしたが,行けたのは第一期だけというのが悲しい。
それでも妖怪好きとしては存分に堪能出来る美術展でありました。

国立故宮博物院展@東京国立博物館
台湾の故宮博物院の収蔵品を紹介する美術展。
まさに圧巻という他ない美術展でありました。
過呼吸になるほど雰囲気に酔いしれたのは久しぶり。
故宮博物院にはいつか行ってみたいものであります。

オルセー美術館展@国立新美術館
フランスのパリ・オルセー美術館の収蔵品を紹介する美術展。
80余点の展示が鑑賞出来るのが嬉しい。
19世紀の美術史が凝縮された素晴らしい美術展でした。
オルセー美術館も一度は足を運びたいなあ。

日本国宝展@東京国立博物館
出展品の全てが国宝に指定されている贅沢な美術展。
展示期間の関係で「金印」や「仮面の土偶」が見られなかったのは残念。
その代りに正倉院宝物を鑑賞することは出来ました。
日本史で学んだ事物の実物を目の当たりにするのは感動ものでした。

ウフィツィ美術館展@東京都美術館
イタリア・ルネサンス期のフィレンツェ美術の精髄を集めた美術展。
何よりもボッティチェリの作品が多数展示されていたのが嬉しい。
ギリシア神話や聖書を題材とした作品は自分が最も好むところであります。
斯様に素晴らしい美術館を残したメディチ家に感謝せざるを得ません。

菱田春草展@国立近代美術館
2014年最大の収穫と言っていいのが,この美術展でありました。
当初は全く予定になかったのですが,黒猫のポスターに心捕らわれてしまいました。
近代日本画に疎いというのはやはり勿体ないことだと改めて思います。
可愛らしい動物画が印象的な美術展でした。

華麗なるジャポニスム展@京都市美術館
浮世絵に多大な影響を受けたジャポニスム作品を一堂に会した美術展。
クロード・モネの≪ラ・ジャポネーズ≫を心行くまで堪能出来たのが嬉しい。
絵画に留まらず,美術工芸品の展示があったのも楽しかったです。
印象派と浮世絵の対比展示も興味深いものがありました。
同時期に開催の「ホイッスラー展」との連携を面白かったです。
posted by 森山樹 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2015年01月10日

2014年の反省と2015年の抱負

 鑑賞した美術展は大小合わせて全部で50展。昨年よりも10展の増加で,恐らく過去最高ということになります。3回の東京遠征を果たせたことが大きい。本拠地である筈の東海地方で鑑賞したのは僅か8展に留まりました。美術展鑑賞を趣味とするには東京や関西への遠征が必要であることを痛感します。もう少し近場で開催されると助かるのですけれどね。地方在住者の宿命と諦めるほかありません。とは言っても,東京にも関西にも足を延ばし易い位置というのは長所でもあります。

 ここ数年の嗜好の変化とともに日本美術を主題とした美術展をそれなりに鑑賞したことが2014年の特徴と言えます。浮世絵だけではなく,日本近代美術に多少なりとも関心を持つようになったことは収穫と言えるのでしょう。相変わらず,現代美術に関しては洋の東西を問わず理解出来ない部分は残るのですけれども。但し,依然として美術鑑賞の中心に位置しているのは近代以前の西洋美術とシュールレアリスムであることは変わりありません。2015年もこの傾向は変わらない筈。とは言え,少しずつ美術鑑賞する上での枠を広げていきたいと思っています。先入観だけで苦手意識を抱いてしまうというのは勿体無いですから。

 2015年も引き続き積極的に美術鑑賞を行っていきたいものです。その為にもやはり計画的な遠征は欠かせません。現段階で2015年もかなり自分好みの美術展が多数開催されるようです。また,懸案である美術の素養を学ぶということも意識していきたい。さまざまな形で美術との関わりを行いたいと思います。何はともあれ,2015年も充実した美術鑑賞生活が送れることを願っています。それ以上に望むことはありません。

 なお,2014年のマイベストについては別記事を設けたいと思います。此方もなるべく近日中に掲載する予定です。
posted by 森山樹 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2015年01月06日

2015年1月美術展鑑賞予定

【関東】
動物礼讃@根津美術館(01.10-02.22)
キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展@Bunkamura(12.23-03.01)
ジュール・パスキン展@パナソニック汐留ミュージアム(01.17-03.29)
みちのくの仏像@東京国立博物館(01.14-04.05)
幻想絶佳:アール・デコと古典主義@東京都庭園美術館(01.17-04.07)
イスラーム展@東洋文庫ミュージアム(01.10-04.12)
【中部・東海】
ロイヤル・アカデミー展@静岡市美術館(12.06-01.25)
だまし絵II@名古屋市美術館(01.10-03.22)
【近畿】
山陰の古刹・島根鰐淵寺の名宝@京都国立博物館(01.02-02.15)
花鳥画展@承天閣美術館(10.04-03.22)

やや低調気味な一か月になりそうな気がします。
関東はそれなりに充実しているのですが遠征する余裕がありません。
とは言え,「キャプテン・クックの探検航海と『バンクス花譜集』展」は是非とも観たい。
2月中には一度東京遠征することになりそうです。
何はともあれ,今月は「だまし絵II」の鑑賞に留まりそうな気配があります。
京都のふたつの美術展も可能ならば鑑賞したいもの。
他にも漏らしている美術展もありそうなので情報収集したいと思います。
posted by 森山樹 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展鑑賞予定

2015年01月05日

新春と新装開店の御挨拶

あけましておめでとうございます。
新春のお慶びを申し上げます。

というわけで,2015年の始まりです。
“ディレッタントの憂鬱”を新装開店いたします。
改めまして宜しくお願いいたします。

2014年はそれなりに美術鑑賞が出来た一年であったかと思います。
今年もこの勢いを何とか持続したいものです。
特に今年はかなり楽しみな美術展が例年以上に多い印象です。
見逃すことなく計画性を持って鑑賞に臨みたいと思います。
同時に美術に対する素養を幾許かでも養っていきたいもの。
美術鑑賞そのものへの枠を広げていきたいと思っています。

先ずは近日中に昨年の回顧と今年の抱負を書き上げる予定。
その後は昨年に引き続きマイベストを選びたいと思います。
今後は通常更新も行っていきます。
美術展感想も溜めず遅れずに掲載していくつもり。
新装開店ということで心機一転したいものであります。
綺麗に軌道に乗せられるように頑張ります。
posted by 森山樹 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知